life

上京するときにマンスリーマンションを使ってみました【体験談】

地方から東京で仕事を探すときに悩むことがあります。住む場所を先に決めるか、仕事を先に決めるかです。先に仕事が決まれば良いですが、遠方の場合面接のたびに移動しなければならず大変ですよね。

先に住む場所を決めるのも一つの選択肢です。そのときにいきなり賃貸ではなくマンスリーマンションを借りるという方法があります。

上京するときにマンスリーマンションを使ってみました

今回私はマンスリーマンションを使って上京しました。

マンスリーマンション

マンスリーマンションは月ごとに契約する賃貸のようなものです。面倒な審査もなく水道光熱費なども込みの家具付きで借りることができるので、すぐ入居することができます。

つまり初期費用がかかりません。しかしその分、月の費用は高くなります。中~長期出張時などに良く使われますね。

住む場所を先に決めて仕事を探すにはマンスリーマンションは便利です。一旦マンスリーマンションを借りて働き、そのあと賃貸を借りるということですね。

週単位で借りることができるウィークリーマンションと呼ばれるものもあります。

実際に使ってみた

初めてマンスリーマンションを使ってみました。東京で仕事を受けるためです。

結構調べたんですが、東京のマンスリーマンションは基本的に高い!1ヶ月15万~20万くらいが相場な感じです。今回ちょっと場所は遠くなりましたが、一時の宿と割り切って安い9万円ほどの部屋を借りました。それでも高いですけどね。。

SUUMOで同じマンションの他の部屋では家賃4万円くらいでした。水道光熱費がコミだと考えても賃貸よりか割高です。まぁ初期費用がないことを考えたら妥当ですね。

契約はメールのやり取りだけで完結しました。審査などもありません。最初に滞在する期間分の料金を振り込んで契約完了です。郵送で鍵が送られてきて翌日から入居できます。

今回は「ユニオンマンスリー」という会社を利用しましたが、対応も丁寧で早く好印象でした。何より他のマンスリーマンションより安い!!おすすめです。

上京時にはマンスリーマンションを利用するのがおすすめ

もしいるなら知人、友人の家に泊まらせてもらうのが一番です。しかしそうでないなら、マンスリーマンションを利用して地方から上京するのは良い選択肢だと思います。

月ごとの契約は高いですが、短期間の滞在だと賃貸よりかは安くなります。初期費用がかかりませんからね。

Sponsored Link

まとめ

今回はマンスリーマンションを使ってみた感想を述べてきました。私みたいに住む場所を先に決めて仕事を探したいと思う人はマンスリーマンションを利用するのもありだと思います。

というか割と「卵が先か?鶏が先か?」みたいな話で、住む場所を先に決めるか?仕事を先に決めるか?みたいな感じなんですよね。。

仕事がないと賃貸の審査が通らない。。でも住む場所がないと仕事を受けれない。。みたいな。

その問題を解決するにはマンスリーマンションとかを利用するのが良いですね。

関東に住んでいる親族や友人がいるなら、遠慮なくそちらを頼りましょう!一番コストを抑えることができます。

以上になります。

Sponsored Link

-life

Copyright© Harkerblog , 2020 All Rights Reserved.