3dcg

3DCGのスキニングとは?スキニングについて解説します

スキニングとは

3DCGでボーンを設定してアニメーションさせるために必須の作業になる、スキニングについて解説します。

スキニングとは?

ボーンを使用したアニメーションに必要となる作業です。ボーンについては下記の記事をご覧ください。

ボーンを使用してアニメーションさせるときに、3Dモデルに「どの頂点」が「どのボーン」に追従するのか?その影響の大きさを設定する必要があります。

この作業のことをスキニングといい、頂点ごとにスキンウェイト影響の大きさ)を設定します。

スキニングを適切に行わないと、きれいにアニメーションできないので大切な工程です。キャラクターの脇や、足などがめり込んだり、腕を曲げた時にポリゴンが潰れたりします。

下の2つのGifを見てください。ボーンは同じアニメーションですがスキンウェイトが違うので、全然違うアニメーションになっています。

適切なスキニング
おかしいスキニング

スキニングは「3Dモデルに対してボーンの影響範囲を設定する作業」のことだと覚えておきましょう。

ボーンの影響範囲を色分けで見ることができます。下の画像は一番左のボーンの影響範囲を表しています。赤色が影響大で青が影響ゼロです。

ボーン影響範囲

最後に

スキニングが終わった後はアニメーションの工程に入ることもありますが、実際の業務ではアニメーションさせやすくするためにコントローラーを作成します。

このコントローラーをリグと呼び、リグを作成する作業をリギングといいます。次の記事で紹介したいと思います。

スキニングの作業もアニメーションさせる前準備として必須になります。理解しておきましょう!

以上になります。

-3dcg

Copyright© Harkerblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.