react

ReactでMarkdownエディタを実装する方法

ReactでQiitaみたいなMarkdownエディタを簡単に実装する方法を解説します。

まずReactのプロジェクトを作りましょう。

npm install -g create-react-app
create-react-app markdown
cd markdown

Markdownエディタを実装するのに「react-mde」、Markdown を表示するのに「react-markdown」を使用します。

GitHub

react-mde

react-markdown

npmでインストールしましょう

npm install --save react-mde react-markdown

App.jsを書き換えます

import React from "react";
import ReactMde from "react-mde";
import "react-mde/lib/styles/css/react-mde-all.css";
import ReactMarkdown from "react-markdown";

export default function App() {
  const [value, setValue] = React.useState("**Hello world!!!**");
  return (
    <div style={{ display: "flex", justifyContent: "space-between" }}>
      <div style={{ width: "50%", marginRight: 10 }}>
        <ReactMde value={value} onChange={setValue} />
      </div>
      <div style={{ width: "50%" }}>
        Preview
        <ReactMarkdown source={value} />
      </div>
    </div>
  );
}

ローカルサーバーを起動しましょう。

npm start

localhost:3000にアクセスすると左側にエディタ、右側にエディタのプレビューが表示されていると思います。

以上です。お疲れ様でした。

Sponsored Link

-react

Copyright© Harkerblog , 2020 All Rights Reserved.