life

低学歴の人が真っ先にするべきこと【実体験】

低学歴の人が真っ先にするべきこと
悩んでいる人
学歴が低い・・・。働きたいけど肉体労働をするしかないのかな?

実際に高校中退して学歴は中卒で、しかし今はCGフリーランスとして働いている私が真っ先にするべきことを解説します。

学歴がない人が真っ先にするべきことは「スキルを身につける」

私の体験から断言します。スキルを身に着けましょう。専門性が大事です。

目に見えるスキル、結果が重要です。「私は営業が得意です!」って言われてもそれはただの個人の意見でしかありません。確かめようもないですよね。

それよりも「この商品を~月に~個、成約することができました。これは他の営業と比べて~倍の成績です。」のような結果だとわかりやすいです。

個人的にはITスキルがおすすめですね。「プログラミングできます!」ではなくて、実際に自分でプログラミングで作ったソフトやサービスを見せることが大事です。これをポートフォリオといいます。

私の場合は3DCGでした。このサイトに作品をのせています。

大企業は昔ながらの慣習で学歴社会なので諦めましょう。

IT業界、スタートアップは学歴ではなくスキルを重視する

IT業界は学歴を重視しません。私は中卒でゲーム業界に入りましたが、学歴に対してなにか言われたことは一度もありませんでした。むしろ感心されることの方が多かったかもしれません。

スタートアップなど急成長中の企業は即戦力を求めています。学歴がある人より、スキルがある人の方がほしいのは当たり前ですよね。じっくり育成する余裕はないですから。

正直学歴を気にするような人はIT業界に来ません。なぜならスキルが何よりも大事だということを理解しているからですね。

もちろんそれはプログラミングスキルとかだけではなく、仕事全般におけるコミュニケーション能力や文章能力、段取り能力なども含まれます。

明確なスキルを身につければ評価される

明確なスキルを身につければ、あなたはまわりから間違いなく評価されます。

大学生が就活しますよね。そこで企業からこう聞かれます。「あなたは一体何ができるんですか?」

でも一般的な大学生って基本的に仕事に関することを何もできないんですよ。だから学歴をアピールするしかありません。もしくはバイト経験やサークル活動などをアピールすることになります。

スキルがあればこの質問に明確に事実ベースで答えることができます。それはあなたが他の何もできない人より評価されるということです。

これは日本企業の文化にも問題がありますね。外資系のように明確な職種で人を採用する「職種採用」ではなく、人を雇ってから仕事を割り振るという「人採用」になっています。まぁこれから変わっていくことでしょう。

あなたのまわりにいる人に聞いてみてください。「あなたは何ができるんですか?」と。この質問に答えられない人はヤバいです。何もできないコンプレックスを学歴アピールで補おうとしてくる人もいるので近づかないようにしましょう。

Sponsored Link

実際にスキルを身につける方法

今はとても良い時代です。IT系のスキルは家でなんでも勉強できます。まずネットの記事や本などで勉強しましょう。今ならYoutubeもおすすめですね。

Udemyなどのオンライン学習サービスもおすすめです。実際に私もかなり利用しています。

1人で学習するのが辛いならテックキャンプ LP1のようなものに登録してみても良いですね。無料で相談できるので試してみましょう。

行動する

実際に行動しないとなにも意味がありません。今すぐ行動しましょう!

まとめ

今回は学歴がない人が真っ先にするべきことは「スキルを身につける」という話をしてきました。

昔より学歴を重視しなくなってきました。これからの時代は大企業に入って安泰より、スキルを身に着けた個人が大事になる時代です。行動していきましょう!

以上になります。

Sponsored Link

-life

Copyright© Harkerblog , 2020 All Rights Reserved.