3dcg

初心者が3DCGを始めようと思ったときにおすすめのソフト

みなさん、こんにちは。

僕は独学で3DCGを勉強しましたが、これから3DCGに興味が出た人がまず悩むのがどのソフトを使うべきか?ということだと思います。

3DCGの領域は多岐に及び 、ゲーム、映像、建築などの分野によって必要な機能が違います。
モデリング、シェーディング、ライティング、リギング、アニメーション、レンダリングなど です。それぞれに専門の人がいるほどの奥深い分野です。

そしてそれらの機能全てを兼ね備えたソフトを統合型3DCGソフト、またはDCC(Digital Content Creation)ツールといいます。有名なのはAutodesk社のMaya、3dsMaxなどです。

3DCGを本格的に勉強するなら DCC ツールをおすすめします。ですが最初から専門的に一つの分野を勉強して極めたいと考えているなら、 ZbrushやBishamonなど機能に特化したツールを勉強した方がいいでしょう。

何かを始めようとするときに、 まず 考えることはお金のことだと思います。
特に初期費用は結構重要です。よく考えて選びましょう

DCC ツール を中心に、価格と機能の面から比較していきます。

ソフトの価格と機能

ソフトの価格と機能

DCC ツールの中で有名な MAYAや3dsMax 、 Houdini 、Lightwave、Chinema4D、Blenderについてみていきましょう。

MAYAや3dsMaxは年間25万ほど 、学生は無料

学生なら一番おすすめです。 現在のデファクトスタンダードで、日本のCG会社のほとんどはどちらかのソフトを使っているでしょう。よって就活にも有利です。

しかし商用利用はできないので、商用利用を考えるなら他のソフトを考える必要があります。

学生ではないならこれらのソフトは結構高額です。他のソフトを検討してみましょう。学生は無料で使用できるので、MAYAか3dsMaxのどちらかを勉強しておけば問題ないでしょう。

Houdiniは非商用なら機能制限版が無料

エンジニアにおすすめです。今結構熱いツールです。プロシージャルにモデリングでき、エフェクトを作成できます。

ノードという一つの機能を持ったパーツを、パズルのように組んでいって操作します。プログラミングのように操作でき、概念がオブジェクト指向プログラミングなのでエンジニアの方なら比較的早く操作になれることでしょう。

ライセンスによって価格が違います。 非商用版の Houdini Apprenticeは無料です。 Houdini Fxは50万ほど。 Houdini Coreは制限がありますが 23万。 詳しくは下記参照です。

https://www.sidefx.com/ja/products/compare/

INDIEライセンスのHoudini Indieは年間3万ほどです。

https://store.steampowered.com/app/502570/Houdini_Indie/

Houdini Apprenticeは無料ですが結構制限があります。僕が試した感想は、勉強用ならいいですが、実際に他のソフトに持っていって活用できないので、実際には使えないなと思いました。

勉強用と割り切るならいい選択かもしれません。

Lightwaveは15万ほど、学生は4万ほど

結構昔からあるソフトです。ですが現在シェアをMAYAや3ds Maxにとられて苦戦を強いられています。

お金もかかりますし、ネットに情報も少ないので初心者が手を出す必要はないかなと思います。

CINEMA4Dは スタンドアロン版 が45万、学生は無料

Cimema 4DはAfter Effectsと連携できるなどモーショングラフィックスに強みがあるソフトです。

ライセンスによって値段が違います。詳しくは下記参照

https://www.aanda.co.jp/products/cinema4d/price.html

Cimema 4Dはパッケージが4種類あり、値段もそれぞれ違います。なので初心者が自分に必要な機能を考えて購入するのは難易度が高いです。

AfterEffectsをすでに使える人が、3Dで何かをしたいと考えているなら、選択肢に入ると思います。

Blenderはオープンソースで無料

オープンソースの3DCGソフトです。無料です。

無料といっても機能は商用と比べても遜色ないです。最近、アサシンクリードなどを作っているUbisoftの アニメーション制作部門であるUbisoft Animation StudioはがBlenderを採用したことで話題になっていました。

http://gigazine.net/news/20190723-ubisoft-animation-blender/

下記にあるのはBlenderで作成された映像です。これを見ればクオリティの映像を作成することも可能なのが理解できると思います。

操作方法に癖があるとよく言われます。ですがMAYAも3dsMaxも癖があるので、結局そんなに変わりません。

オープンソースで高機能なBlenderがおすすめ

僕は無料でプロの現場でも使われるBlenderをおすすめします。

ぶっちゃけ大手はMAYAや3dsMaxを使い続けると思いますが、中小企業や個人はすべてBlenderで十分だと考えています。

Blenderは世界中で使用者がいて、日々開発されてコミュニティも大きいです。なのでネット上に情報も多い。これは初心者には重要です。

Blenderは公式サイトからインストールできます。

公式サイト

他の記事でBlenderのおすすめの勉強方法を紹介しています。blenderを勉強しようと思ったら是非ご覧ください。

結局ツールはツールでしかない

初心者が最初にどのツールを使うかを悩むのは仕方ないんですが、結局ツールは目的を達成するための道具でしかありません。

その道具の勉強に高額なお金がかかるのは、無駄なのではないかと思います。

Blenderで身につけた技術は、他のソフトを使うことになっても変わらない 安心してください。
僕自身もBlenderから勉強し、Maya、3ds Max、Zbrush、など色々なソフトを扱うことができるようなりました。

ぜひ、Blenderを触ってみて3DCGの世界に足を踏み入れてみてください。

-3dcg

Copyright© Harkerblog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.