Blender2.8でマテリアルを作成する方法を解説します

Blender2.8でマテリアルの作成 blender

Blender2.8でマテリアルを作成する方法を解説します。基本は2.79以前と同じですが2.8ではシェーダーエディタを使用することが前提となります。

Blender2.8でマテリアル作成し、オブジェクトに適用する方法

モデリングが終わった後はテクスチャとマテリアルの作業です。右側のプロパティから選択中のオブジェクトにマテリアルを適用できます。


新規のマテリアルを適用することも、シーン上に既に存在するマテリアルをドロップダウンから選択し適用することもできます。文字ではわかりずらいと思うので下のGifをご覧ください。

Blender2.8でマテリアル作成し、オブジェクトに適用する方法


ビューモードをルック開発に切り替えれば適用したマテリアルの効果を見ることができます。色々試してみましょう!

シェーダーエディタでマテリアルを編集する

簡単なマテリアルならプロパティ上の操作で作成可能ですが、実際にマテリアルを作成するにはシェーダーエディタで操作することになります。

上のタブの「Shading」をクリックしてレイアウトを変更しましょう。あらかじめ設定されている、マテリアル作成に適した画面レイアウトになります。

画面中央下部にシェーダーエディタがあります。ここでノードという1つ1つの小さな機能を持ったパーツを組み合わせて、マテリアルを作成します。
マテリアル出力という名前のノードに接続されたものが、最終的なマテリアルになります。

シェーダーエディタ

最後に

今回はオブジェクトにマテリアルを適用する方法を見ていきました。実際にマテリアルを作成していくためにはシェーダーエディタでノードを操作する必要があります。

次回はシェーダーエディタの基本的な操作方法を解説しようと思います。

マテリアル作成はオブジェクトの質感を決める重要な要素です。ぜひマスターしておきましょう!以上になります。